脱毛は絶対すべき

脱毛について考える
私は50代の女です。

私は周りより毛深く、脱毛するかどうか考えている方は、ぜひ脱毛サロンで脱毛にチャレンジしてみてください。
私は長い間違別の除毛をしていたため、やけに毛が(特にすね毛)多くなってしまい、膝丈のスカートを穿いた時など、明らかに人の視線が私の足に注がれているのがわかり相当気恥ずかしい考えをしました。

それが脱毛を決断した最大の理由でした。

その頃は20代後半でした。

主人に頼みこみ、巨大資本のエステサロンに話し合いに行き、即、契約して帰りました。

脱毛前のすね毛の写真を撮られ、毛量が多々あると言われましたが、チケットを一冊買い、そのチケット一冊分で脱毛は終わると思っていました。

けれども、毛の周期に当てはめて脱毛していくので、眠っている毛が出てくるのを待ってからの脱毛を繰り返しても、相当終わりません。

次第に減ってきている体感はあったので、膝下に自信が持て、だいぶスカートも穿けるようにはなったのですが、欲が出て、途中で脱毛をやめたくないのですでした。

結局チケットは4冊買い、お金は50万以上利用しました。

苦しみを伴う脱毛手段でしたし、貯金的にもうこれ以上通うのは理不尽というところまで通って、それでよしとしました。

それから15年くらい、スポーツをする時でも、膝丈のショーツを穿き、堂々と膝下を出していたのですが、注意深く見ると、膝周囲に脱毛し残した必要ない毛が集中している事がわかりました。

仲間が、新しくできた脱毛サロンに通っており、料金を聞くと、相当手頃だったので、膝周囲に残っている必要ない毛を脱毛してもらいたくなりました。

しかも、2度目の脱毛サロン通いをする事になりました。

昔通った巨大資本のサロンとは対比にならないほど、料金がかからず、苦痛もないので、ついでに腕も脇も脱毛しました。

この経験から、私は娘にもこの脱毛サロンを勧め、娘も脱毛を終了しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez